仏の見たる幻想の世界





b0136536_17443092.gif
[PR]
# by autre_moi5 | 2009-05-10 17:44 | 青猫
憂鬱の川邉
b0136536_058413.gif

[PR]
# by autre_moi5 | 2008-08-13 00:59 | 青猫
黒い風琴

b0136536_0525565.gif
[PR]
# by autre_moi5 | 2008-08-13 00:55 | 青猫
夢に見る空家の庭の秘密

b0136536_0494996.gif

[PR]
# by autre_moi5 | 2008-08-13 00:50 | 青猫
暦の亡魂


暦の亡魂

薄暮のさびしい部屋の中で
わたしのあうむ時計はこはれてしまつた。
感情のねぢは錆びて ぜんまいもぐだらくに解けてしまつた。
こんな古ぼけた暦をみて
どうして宿命のめぐりあふ暦數をかぞへよう。
いつといふこともない
ぼろぼろになつた憂鬱の鞄をさげて
明朝は港の方へでも出かけて行かう。
さうして海岸のけむつた柳のかげで
首なし船のちらほらと往き通ふ帆でもながめてゐよう
あるいは波止場の垣にもたれて
乞食共のする砂利場の賭博でもながめてゐよう。
どこへ行かうといふ國の船もなく
これといふ仕事や職業もありはしない。
まづしい黒毛の猫のやうに
よぼよぼとしてよろめきながら歩いてゐる。
さうして芥燒場の泥土にぬりこめられた
このひとのやうなものは
忘れた暦の亡魂だらうよ。




時間の骸、年月の骸生の無為。
“無為の漂白の旅”が続く

時計を眺める朔太郎。彼は「宿命
めぐりあう暦数」を数え、ぼろぼろの
憂鬱の鞄を下げて港のあたりに出掛
けていく。様々な人の営みを見物し、
よろめきながら無為の漂白の旅を
続ける。

「怠惰の暦」から始まり、「暦の亡魂」
でひとつの流れがある。
猫で始まり猫で終わる。
この猫(朔太郎)が次の旅への道を探し当てる


b0136536_23504637.gif
[PR]
# by autre_moi5 | 2008-07-20 23:51 | 青猫
輪廻と樹木
b0136536_23481146.gif

[PR]
# by autre_moi5 | 2008-07-20 23:48 | 青猫
ある風景の内殻から


b0136536_2345680.gif
[PR]
# by autre_moi5 | 2008-07-20 23:45 | 青猫



like "Coca-Cola Lesson"...
by autre_moi5
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
青猫
news
about Blog
フォロー中のブログ
φ - fai -
Bateau de Te...
Night Flight...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧